2016年06月29日

2016年4月、ロンドンでiPhone SEを入手するまでの軌跡1

2016年3月に発売になったiPhone SE。機種代がiphoneの中ではお手軽で、SIMフリーのものならイギリス(ロンドン)と日本で自由に使えるなと思い、ロンドンでiPhone SEを入手することにしました。

まぁ、これぞロンドン(?)、イギリス(?)とサービスの真骨頂と思うぐらいテキトーな対応満載で、とても手間がかかったので、記録しておきます。

結局、アップルストア(ウェブサイト)でSIMフリーのiPhoneを注文し、3週間後に配達され、Vodafone(ボーダフォン)のPay as you goを活用するということで決着しました。

イギリスでの携帯電話は、2年契約かPay as you go(プリペイド)形式が基本であることを前回書きましたが、2016年4月、iPhone SEを入手しようと思った時点で思いついた選択肢は、以下でした:

1.EE(別にVodafoneとかでもよかったのですが)で、iPhone SEの購入と2年契約をする。
2.EEで、iPhone SEの購入とPay as you goにする。
3.実店舗のアップルストアでiPhoneを購入し、EEでSIMを入手する。
4.ネットのアップルストアでiPhoneを購入し、EEでSIMを入手する。


EEを選ぼうとしたのは、もう一台の日本から持ってきたSIMフリーのスマホに周波数の相性からEEのSIMを使うことにし、その後、家のブロードバンド(ネット環境とTV)もEEにしたためです。ちなみに、この時点で家のネット環境と携帯電話を同じEEにしたメリットは全くなかったのですが、2年契約の場合、利用できるデータの上乗せサービスがあったので、2年契約のデータ量を最低限にすれば、安上がりになる予定でした。


結局、VodafoneでPay as you goですし、全く思った通りにならなかったのですが。
アップルストアでネット注文すると、入手までに3週間かかるのは日本も同じでしたので、これはイギリス固有の問題ではないですし、配達もちゃんとされましたので、ちょっと時間に余力があるなら、この方法が確実かなと思います。Pay as you goの設定は、どこでも店舗に行けば、その場ですぐに対応してくれますし。

posted by ろんどんらぶ at 05:00 | Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: